Q&A
よくあるご質問

英語があまり上手くないのですが、語学留学は可能でしょうか?

可能です。

誰しも、初めから英語が得意な訳ではありません。また留学は、あくまでステップアップのためのものなので、最初から英語が得意である必要はありません。また、朝から晩まで、ずっと英語だけで会話をし続けていれば、自然と英語力が身についてくるはずです。最初は不安かもしれませんが、 わからないことはきちんと聞いて、積極的に質問をするようにしましょう。BHLCでの経験があなたの役に立つことを願っています。

セットプランに航空券は含まれますか?

チケットはご自身での手配となります。

チケットは、ご自身での手配になりますので、成田⇒ゴールドコーストで、チケット代として片道4万~10万円が掛かります。

季節や時期によって大きく異なりますので、 なるべく早めに手配することをオススメします。

ホームステイなどの滞在先はどうやって決めるんでしょうか?

日程や希望をもとに、弊社でホームステイ先を選ばせて頂きます。

先ず、申込書に、ホームステイ先への希望、ホームステイの開始日、終了日などを書く項目があります。ご記入頂いた申込書を弊社スタッフが受け取り、空き状況と皆さんのご希望を照らし合わせながら、そのご希望に出来る限り近い家庭をご紹介するようにしております。しかしながら100%ご希望に合う家庭をご紹介出来る保証は出来ませんので、ご理解下さい。また、オーストラリアのホームステイは週間ごとの契約が可能ですので、 ホームステイ先と合わないなどございましたら、日本人スタッフが対応させて頂きます。

留学先でアルバイトなどはできますか?

学生ビザ、ワーキングホリデービザを取得していれば可能です。

学生ビザ、ワーキングホリデービザを取得していれば、現地でアルバイトをすることが可能です。ですが、3ヵ月以内の短期留学の場合は、観光ビザ(ETAS)での留学になり、就労許可が無い為、アルバイトなどをすることはできません。アルバイト情報などについては、弊社の現地スタッフが、現地の情報を提供し、履歴書の書き方や、面接時の注意点などをアドバイスさせて頂きます。詳しくは、BHLC学内の学生サービスをお訪ねください。

留学先で、滞在日数の延長などは可能ですか?

学生ビザの延長であれば、可能です。

現在のところ、オーストラリア国内での観光ビザ、ワーキングホリデービザの申請は認められておらず、申請をする際には、一度日本国内に戻り、申請をする必要があります。ですが、学生ビザであれば、オーストラリア国内からでも、オンライン申請をすることが可能です。申請には、申請費用550AUDと、パスポート、指定病院での健康診断書、クレジットカード、メールアドレスが必要になります。また、滞在日数を延長する際には、依頼時に、ホームステイ・シェアハウスの費用を支払いする必要があります。また、ホームステイの延長は、2週間前に申し込まなければなりません。

万が一、滞在先でパスポートを無くしてしまったら?

すぐに紛失の届出をし、再発行の手続きをしましょう。

まずは、警察に紛失の届出をし、現地の日本の領事館に連絡して、再発行の手続きをしましょう。万が一、パスポートを紛失してしまった場合に備え、パスポートのコピーを複数枚、荷物の中に入れておきましょう。紛失の際の再発行の手続きがスムーズになります。再発行には、約1週間掛かり、再発行が完了するまでは、日本に帰ることができません。留学中は、絶対にパスポートを失くさないように、十分に注意しましょう。

留学先で、相談できるカウンセラーなどはいますか?

BHLC学内に、サポートセンターを設けています。

BHLC内にサポートセンターがありますので、そちらでご相談ください。現地スタッフが各種質問にお答えします。また、24時間対応の学生サポートラインもございますので、トラブルの際には、日本人スタッフが即座に対応させて頂きます。あなたのオーストラリアでの生活がより良いものになるように、サポートさせて頂きますので、何でもお気軽にご相談ください。